妊娠中に気をつけること

妊娠中に気をつけることのページ。北浜駅から1分、淀屋橋から3分。歯科口腔外科顎関節症等、さまざまな診療科目に対応。

もりさきデンタルクリニックの医院ロゴ
予約電話番号:06-6231-0118

1.妊娠時の口の中の変化

妊娠すると非妊娠時より口の中の環境は悪くなると言われています。 その原因としては、歯の清掃が不十分になり、唾液のpHの低下(唾液の酸性化)、内分泌機能の変化、 食事や間食の摂取回数の増加、嗜好の変化、偏食、情緒的に不安定、歯科治療の敬遠などがあげられています。


2.妊娠時に起こりやすい口と歯の病気

妊娠中は虫歯が発生しやすく、その原因としては、 ①唾液のpHが酸性に傾くこと、 ②食生活の変化(嗜好の変化、摂食回数の増加など)、 ③口腔内細菌の増加などが考えられています。 決して胎児の成長発育に必要なカルシウムが歯から大量に動員され、妊婦の歯が弱くなる為に虫歯が発生するのではありません。
したがって、妊婦はその特異性(つわり、口腔内の環境変化、嗜好食品の変化)を考慮して、妊娠以前よりもていねいな歯磨きが要求されます。

歯肉

妊娠初期から中期は、歯肉に発赤(赤くなる事)と浮腫(腫れ)が見られることがあります。 これを妊娠性歯周炎と言います。これは、妊娠自体が原因ではなく、 プラーク(歯垢)や歯石などの局所の刺激因子によって発症し、妊娠により二次的に増悪すると考えられています。
妊娠に見られる歯肉の異常は、エストロゲン(卵胞ホルモン)やプロゲステロン(黄体ホルモン)の影響を受けて、 通常では軽度の歯肉炎にとどまる状態でも顕著な症状を呈するようになります。
また近年では、妊婦の歯周病が著しい場合、低体重児早産の危険性が高まることが報告され、大変注目を集めました。 ただし、歯周病を改善することで低体重児早産の危険性を軽減できることが示唆されており、 歯周病予防のためだけでなく、これらの妊婦トラブルを防止するうえでも、お口の中もケアが必要不可欠であるといえます。

口腔粘膜・唾液・口臭

妊娠中は女性ホルモンにより、さまざまな影響を口腔粘膜や歯肉に与えることがあります。

1.エプーリス

妊娠中に起こる歯肉の病気としては、妊娠性エプーリスというのが有名です。 エプーリスというのは、歯肉にできた限局性の良性腫瘍の名称で、妊娠性エプーリスの場合は、 女性ホルモンの影響によって引き起こされる炎症症状の結果と考えられます。

2.口内炎

妊娠中にもさまざまな口内炎を引き起こすことがあります。 しかし、歯肉の炎症や口内炎は妊産婦でなくても発症する病気であり、 妊娠によって炎症が起こりやすくなっているということです。

3.口臭

妊娠中は、唾液の流れや量が変化し、口臭が増大することがあります。 妊娠中は女性ホルモンとの関わりや妊娠による心理的な変化(不安や緊張)などで、唾液の分泌量が低下します。 このように唾液分泌の変化は、口腔内の不潔環境や炎症を誘発し、その結果、口臭を増加させる原因となるようです。

4.智歯(親知らず)周囲炎

妊娠中は、親知らずの周りの歯肉が炎症を起こすことがあります。


3.妊娠時の口腔清掃

妊娠時の歯磨きは、虫歯や歯周病予防にとても重要な意味を持っています。 妊娠中に虫歯や歯周病にかかってしまいますと、産後は育児に追われて通院することもままならず、 重症になってしまうことが考えられるからです。しかも、妊娠に伴って生じるつわり(悪阻)は、 誰でも辛いものですし、臭いや味にも敏感になったりすることから、歯磨きにも努力や工夫が必要になってきます。

つわりのある時は体調のよい時間に

歯磨きは食後が効果的ですが、食後が辛い時は体調のよい時間を見つけることが大切です。 リラックスできるお風呂の時間なども利用してみましょう。

奥から前へかきだして磨きましょう

つわりのある場合には、喉の近い場所は特に吐き気をもよおします。 できるだけ奥歯に歯ブラシを当ててから、前のほうにかきだすように歯ブラシを動かしましょう。

顔を下に向けて磨きましょう

歯を磨いたときに喉のほうに唾液などがたまると、その刺激で吐き気が出たりすることがあります。 なるべく喉のほうに流れないよう、下を向いて磨きましょう。

臭いの強い歯磨剤を大量に使用しないようにしましょう

臭いに対して過敏になり、歯磨剤の中に含まれている香料の強いものでは、 臭いを嗅いだだけで気持ち悪くなります。できるだけ、香料の強くない歯磨剤を使用するようにしましょう。

歯ブラシは小さめのものを選びましょう

大きな歯ブラシを使いますと、奥歯を磨く時に喉の近い粘膜を刺激することになり、 吐き気をもよおすことになりますので、なるべく小さな歯ブラシを使ってみましょう。

体がだるくても少し頑張ってみましょう

妊娠後期になりますと、体もだるく横になりたいことが多くなり、何事もおっくうになりがちです。 しかし、健康を維持する為には少しの努力は必要です。将来のことも考えて、歯磨きを怠らないように頑張りましょう。

4.歯科治療を受ける際の注意事項

もしも妊娠中に歯周病や虫歯が見つかった場合は、産科医との相談のうえ治療を行います。 一般的に妊娠が順調に経過している場合、妊娠2~3ヶ月間の間は応急処置を行い、 妊娠5~7ヶ月の間であればエックス線撮影を含めて、一般成人と同じように治療を進めてよいといわれています。 早めに治療を受け、来たるべき出産に備えましょう。


マタニティ歯科外来についてわかりやすく説明しております。下記よりお選びください。