大阪の口腔外科/顎関節症
北浜の歯科/歯医者 もりさきデンタルクリニック 痛くない治療について

静脈内鎮静法

インプラント・口腔内の腫瘍・親知らずの抜歯などの手術は、一回の手術時間が長くなる傾向にあります。このような手術の場合、過度なストレスを感じたり、術中に大きく動きたくなる患者様がいらっしゃいます。この様な気持ちを緩和する為に、ある種の薬を使って緊張を和らげリラックスできる方法があります。

これを静脈内鎮静法と呼び、安全性が確立され、臨床で多く用いられます。この方法について簡単にご説明を致します。

  • 薬は非常に安全性が高い精神安定剤の注射を使用します。
  • 基本的に全身麻酔とは違い、意識は薄らぐ程度です。また、入院は必要ありません。
  • 治療中は全身管理を行います。
  • 静脈内鎮静法により、リラックスすることから治療が受けやすくなります(個人差はあります)。
  • 治療後に眠ったり、治療の最初の方がわからなかった(覚えていない)人もいますが、薬が効きすぎたということではありません。
  • 歯の麻酔が必要です。(全身麻酔ではない為)
  • 他の疾患の為に適用できない場合があります。また、効果が少ない場合もあります。
  • アレルギー・特異体質などの場合はできないことがあります。
  • また、薬によるアレルギーでショックを起こすことがありますが、非常に稀です。

笑気吸入鎮静法

笑気ガスは鼻から吸入することにより気分を落ち着かせる効果があります。歯科治療や口腔外科手術に対して不安感や恐怖感が強い方に効果的です。笑気ガスは呼吸や循環器への抑制作用もなく非常に安全なお薬です。ただし、腸閉塞、気胸、中耳炎などの病気がある方は適用できません。詳しくはスタッフ、歯科医師までお尋ねください。